Home » Archive

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[20 5月 2011 | One Comment | ]

ambience builders gurgaon 「潮騒の届く蔵」というキャッチフレーズどおりに大洗海岸が近いため、大震災のときは、蔵の入り口近くまで津波が押し寄せたため、自宅は損傷してしまい、現在も蔵で生活されている。さいわい、家族や社員の命は無事だった。
 そんな状況下での開催だが、テーマは「地産地消で、茨城を食べつくそう」と、意気軒昂。汐留のコンラッド東京の元和食調理長で、4月に六本木に割烹「しち十二候」をオープンした齋藤章雄さんが、古巣のコンラッドの和食料理人たちを引き連れて、蔵の仮設厨房で、茨城産の海幸・山幸・里幸を駆使した会席に腕をふるう。“江戸の名工”の認定を受けている齋藤さんの料理は、蔵の二階の特設宴会場で味わえることになっている。
 好奇心旺盛な坂本さんならではの世界初の超立体空間映像体験サービスもあるそうで、周辺には貝殻を模した手づくり飴がおすすめの菓子店や、大洗名物の松があり、すきや連衆である竹内さんの大洗ホテルも近い。足をのばして、竹内さんが袋田の滝近くでひらいているホテル・思い出浪漫館に泊まるという手もある。 
●日時  6月11日(土)昼の会11時半~(11 時より開始まできき酒大会)  夜の会17時半~( 17時より開始まできき酒大会)
*超立体空間映像体験は、14時~15時、16時~17時
●会場  月の井酒造店 電話029-266-1211(詳細はホームページでご覧ください)
*昼夜とも先着50名までで締め切り。お土産の酒1本付き。
*会費は事前振込制で、銀行振込確認後、チケットを発送。
*売上の一部は災害支援にあてられます。
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();

lorazepam 1mg

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[19 5月 2011 | One Comment | ]

ambient experience philips  生なり糖は、さとうきびの芯の部分だけを絞ってつくるので、えぐみやアクのないピュアな甘味が特徴。見た目は和三盆糖のような薄茶色で、さらりとしているのにコクがあり、ジューシーな酸味がある。また、効用としては、香味成分のキシロースやグルコースが肉のアミノ酸に反応して香りが高まることや、ミネラルバランスがよいために胃もたれがなく、脂の抗酸化作用にも優れているなど、いいことづくめ。
 この生なり糖のプラント開発から製造までをライフワークにし、沖縄・粟国島で奮闘してきたのが、(株)沖縄さとうきび機能研究所の高村善雄さん。地球資源の有効活用を目指す(株)もったいないバイオマスの社長でもあるが、2社とも社員は高村社長だけ。重役目前の大手企業部長職を投げ打って、スモールスモールベンチャービジネスへ転身した方なのだ。
 高村さんには第7回の伊勢重での会で卓話をお願いしたが、今回は生なり糖を用いたすき焼きを目の前にしながらの会である。この企画は、もともとは高村さんがプラントを伊江島に移して増産を決定したお祝い会として、生なり糖の支援者や友人が集まるものなのだが、すきや連旗振り役のわたしとしては、どうにも見逃せないうえ、高村さんの申し出もあったため、コラボレートすることになった次第。
 実はわたしは、自宅でのすき焼きでも生なり糖を使うことがあるので、ちんやの味つけを楽しみにしている。会場となるちんやは、すでに1年前から生なり糖の割下を試作しているから、そのお披露目でもある。食後のデザートも生なり糖風味だそうだから待ち遠しい。
●日時 5月24日(火)18時半~
●会場  雷門ちんや(問い合わせはちんやの住吉さんまで)
*残席数がわずかなので、申し込みは先着順で締め切ります。
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();

lorazepam by mylan

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[18 5月 2011 | One Comment | ]

are lorazepam and ativan the same thing  佐久市南部の臼田地区にある橘倉酒造は、人、歴史、自然を大切にしながら、地元産の酒米と水を用いた伝統製法を三百年以上続けてきた老舗。三田会会員には清酒・若き血でおなじみの蔵でもある。嘘をつかない誠実な姿勢と、そば焼酎の峠、料理酒、甘酒の味わいはわたしも大好きだ。
  当日は、樽酒の振る舞い、限定酒や25年古酒の試飲、自家製の白瓜の粕漬けの詰め放題、日本酒スイーツの販売もある。臼田の小満祭と合わせての開催なので、お祭り気分が盛り上がりそうだ。田植えがすんだばかりの清々しい青田の風景や、隣接する桜井地区の名物の鯉料理を楽しむのもいいだろう。
●開催日時  2011年5月22日(日)9時半~15時
●橘倉酒造 長野県佐久市臼田635-2  電話0267-82-2006
*東京からは新幹線のほか、池袋から千曲バスの高速バスも利用できます。
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();

safe and natural sleep aids for kids

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[17 5月 2011 | 3 Comments | ]

complete list of prescription sleeping pills  三社祭のハイライトである5月21日にぶつけ、青森・岩手・宮城・福島・茨城の5県の日本酒試飲会を地元浅草で開催し、街に賑わいを呼び込み、酒の消費量をアップさせて、被災地を応援しようというのである。
 住吉さんの心意気やよし。それに、浅草料飲組合長で「どぜう飯田屋」の先代の社長とわたしの亡父は交遊があった。なにより、今回の東北に関わることだから、さっそくわたしも、知り合いの蔵元さんたちに声をかけた。
 通常の試飲会と異なるのは、地元の飲食店や花柳界、近隣の向島や上野界隈の花柳界はもちろんのこと、都内全域、全国にまで対象を広げていること。オーナー、女将、営業部長、調理長、スタッフなどの飲食のプロたちに、浅草で美酒を見つけてもらい、業務用に大量に永続的に仕入れていただこうというのだ。
 参加蔵元はなんと総数68社にのぼり、地元の限られた地域だけで流通している酒も多数出品される。レア物と出会える貴重な場となるのは確実だ。
 当日は来場者の試飲スナップをメールで送信したり、ツイッターで発信して、上京できなかった蔵元や杜氏たちにエールを送る予定にもなっている。
 会場は「ちんや」と浅草寺裏手の料亭「草津亭」の2カ所。時間は11時~20時(草津亭は15時で受付じまい)。参加費1人1000円。ただし、どちらも入場は飲食のプロだけの限定で、5月18日までの事前登録制。お問い合わせは、ちんやの住吉さんまで。
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[8 5月 2011 | One Comment | ]

definicion de impacto ambiental  句会が初めての方は見学だけもできます。わたしの所属する俳句結社「繪硝子」の和田順子先生にご指導いただき、スタジオdpの梅田雄一さんに事務局をお願いしております。このコーナーでは、2009年5月から2010年11月のまでの3回の句会を報告いたします。
なお、このHPでは前記のルールにのっとってすき焼きを詠んだ句の投稿をお待ちしてます。素敵な句、楽しい句は随時ご紹介したいと思います。
●第1回 『すきや連句会』 浅草「ちんや」 2009/05/14
 三社祭が近づき、祭り支度で活気あふれる雷門ちんやの座敷で開催。京都の三嶋亭、ニューオータニ岡半、銀座吉澤、新橋今朝、築地さとう、ちんやのご主人、日本酒蔵元などが集まり、和田先生、同じく繪硝子の北見さとる顧問、高平嘉平同人会長、石澤青珠編集長、向笠千鶴子(母)、さらに俳句結社「港」の松岡洋太氏、中村雄昂『百味』編集長をゲストに迎えて賑やかな会になりました。
着席後、指を折りながら自分の句の5・7・5を確認する光景がしばし続いたのち、事前に詠んできた兼題の「すき焼き」の2句と、当日の席題「三社祭」の1句を提出後、各自3句を選句し、先生方に講評をいただき、お待ちかねのすき焼きを賞味して散会しました。
  以下に点を一番集めた梅田さんの句を筆頭に、出席者の当日の一句を記します。(選責・向笠、配列は最高得点の梅田氏以外は順不同・以下の回も同じ。向笠の句は最終に記しました)
 すきやきをかこむゑがほがあふれてる  雄一
 ふぶいてもすき焼き食べればみな平和  太郎
 人混みで三社祭の神輿待つ  朗
 三社祭龍神に乞う空模様  史彦
 母に乞ひてスキヤキ旨し誕生日  進吉
 好物のすき焼き食べてご満悦  敬子
 命ながすき焼きの葱とろりとす  さとる
 すき焼きや合性といふ妙なもの  洋太
 すき焼きや太き腕を差し交はし  順子
 鋤焼や灯ともし頃の浅草に  青珠
 牛鍋を囲む浅草夕薄暑  嘉幸
 鋤焼きの匂ひにゆるる麻のれん  千鶴子
 すき焼き肉の網目うるわし夕立あと  千恵子
●第2回 『すきや連句会』 横浜「太田なわのれん」 2010/03/03
 第5回すきや連横浜大会当日、会場の太田なわのれんさんに有志が早めに集まり、10ヶ月ぶりの句会を開き、桜餅とお抹茶でなごやかな雰囲気となりました。前回と同じく「絵硝子」主宰の和田順子先生が参加くださり、兼題は「すき焼き」と、「雛祭り」または「お雛さま」。今回から事前投句制にし、清記用紙のコピーを配布して即、選句に入れるようにしたため、スピーディな進行ができ、意見交換の時間ももてました。この日初参加のべにや無可有女将とわたしの句が同得点で最高点となりました。
  以下に当日の一句を記します。(選責・向笠)
 子ら巣立ちすき焼きの肉上等に  幸子
 雛祭り牡蠣も子供もよく育ち  達郎
 諭吉忌のハマのすき焼き食(と)うべけり  順子
 雛祭りすき焼き食ふてうたを読む  昭尚
 すき焼きを囲む幸せ鍋の中  朗
 また来たかくしゃみの季節雛かざる  秀晃
 ひよこたち私にとってはお雛様  豊彦
 雛祭り父の卵を泡立てて  鉄弥
 月の井の白酒そへてひなまつり  敬子
 雛よりもすき焼き選ぶ娘かな  雄一
 すき焼きの香りはぐくむ家族の輪  順一
 すき焼きの肉大盛りの卒業期  千恵子
●第3回 『すきや連句会』 日本橋・小伝馬町「伊勢重」 2010/11/29
 師走間近の11月29日の伊勢重での会に先立ち、有志12名が集まり、和田順子先生を囲んで、開催しました。席題は「すき焼き」と、冬の季語で自由題の2句。「割下」はすき焼きの類語として、別に季語が付いていれば認められることになりました。今回はホテル芦屋竹園さんと伊勢重さんからそれぞれ牛肉の佃煮が特選句の賞品として提供され、竹園賞は荒井屋牛鍋店女将、伊勢重賞は向笠がいただきました。
  当日の1句は下記のとおりです。(選責・向笠)
  牛鍋の湯気のむこうの子らの笑み  (荒井)順子
 孫たちとすき焼き囲む日曜日  紋七
 割下の香り残しつ除夜の鐘  渉
 すき焼きがすきでたまらぬすきや連  朗
 すき焼きの割下味見であちちちち  敬子
 すき焼きの残り弁当昼待てず  達郎
 スキヤキトカタカナデカクトクベツナヒ  祥介
 我先とすき焼きの箸交差して  直登
 笑顔咲きすき焼き鍋にこころ沁み  雄一
 すき焼きは最後がいいと待つ私  (和田)順子
 酒の染む蔵の静けさ春を待つ  順一
 すき焼きや大願成就の宵なれば  千恵子
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[8 5月 2011 | No Comment | ]

ambien or ativan  三嶋亭は明治6年創業で、三条通りと寺町通りが交差する角にあり、古風な門灯が目印の木造三階立ての建物は、京都の食の歴史遺産の代表である。
 今回も55名の参加者があり、関西陣はモリタ屋、和田金、牛銀、千成亭、近江牛の中川畜産、東日本からは今半本店、登起波、かとう、築地さとう、ニューオータニ岡半、常盤館、ちんや、浅草今半、牛や清、今朝、銀座吉澤などが出席。そして、お店の方総出のお迎えをうけ、玄関脇の階段を上って、二階の大広間を使用させていただいた。昭和7年の建築だけあって、木の階段や廊下みみごとにの磨き込まれ、広間の天井の照明器具の装飾は昭和の漆芸家・ 番浦省吾の木彫漆塗り。電気を消すと、あでやかな花柄がくっきりと浮き上がった。また、以前は畳に座卓のしつらえだったが、座卓と椅子式に直して現代の客のニーズに合わせているのがすばらしい。
 初めに、京都名産で、すき焼きにも用いられるお麩の老舗、江戸後期文化年間創業の「麩太」八代目・青木太兵衛さんの卓話があり、中国伝来の麩が京都に根付き、生麩と焼き麩が名産品になった経緯や、それぞれについて説明していただいた。青木さんの焼き麩の一種である楕円形の安平(あんぺい)麩は、三嶋亭のほか、東京のすき焼き店で使用するところもあり、一晩がかりで戻すとむっちりとした食感が楽しめる。肉はもちろんだが、麩をはじめとするさまざまな具、ザクが一つ鍋で寄り合っておいしさを奏でるのが、すき焼きという食べものの醍醐味なのである。
 三嶋亭では鍋が独特で、六角形の電熱器の上に同じ形の鉄鍋を乗せる。最初に白砂糖を雪のように撒いた上に牛肉を並べ、その上から醤油とみりんの割り下をかけて、味を調整しながら煮る──関西式と関東式をミックスしたようなこの店独自の方法である。それだけに、仲居さんの腕次第でおいしさが決まることになる。でも、誰もが注視するなか、仲居さんはあがることもなく、手際よく箸を使っていく。
  やがて、肉が煮え、その一枚を取り分けてもらったときのうれしさといったら、もう最高。緑の美しい青ねぎや三つ葉もよき彩りになっているし、お待ちかねの安平麩は、汁を吸ってぷっくり膨らんだところを頬ばると、思わず口が笑ってしまうおいしさ。
 当日は、拙著『食の街道を行く』がグルマン世界料理本大賞グランプリを受賞したとの知らせがパリから届いた直後でもあり、うれしさ倍増の京都の夜であった。入念にご準備いただいた三嶋亭さんに感謝いたします。
 献立は、
先付①このわた豆腐、 翡翠飴餡かけ(雲丹、鮑、木の芽)、②赤貝のぬた(酢味噌和え)、菜の花芥子和え、牛肉のたたき(ポンズゼリー)
牛肉すき焼  (宮城産牛)
ご飯   香の物
フルーツ 
 お約束の寄せ書きは全員のコメントがちんやほ住吉さんのブログで公開されていますのでご覧ください。その中の「八角机八角鍋の三嶋亭さんの縁起のすき焼きで口福になります」の言葉どおり、末広がりの八角の机と鍋は、京都ならではの素敵なおもてなしアイディアだと思う。
 なお、お開きのあとは祇園のお茶屋へ繰り出す方々もいて、大いに盛り上がり、夢のような会だったとうれしい感想をいただいた直後の3月11日、まさかの東日本大震災が起こった。
     すき焼きや寺町三条灯のともる       千恵子
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[8 5月 2011 | No Comment | ]

lorazepam drug testing  伊勢重は、江戸時代に伊勢の重兵衛が骨董店を開いたのが始まりで、明治2年にすき焼き店に転業し、馬喰町や横山町という大繊維問屋街を控えた当地で名店として親しまれ、現在は宮本直樹社長と、後継者でご子息の宮本尚樹さんが経営にあたる。
 今回も定員50名があっという間に埋まる盛況で、4人で一つの炭火コンロを囲む設定。なお、仲居さんが付くすき焼き店でのすき焼きは、客4人に仲居1人がベストの人員配置だそうで、いくら広い座敷のある店でも最大50名がおいしく提供できる限界という。そのため毎回、参加するにはレアチケット並みの競争になってしまうのである。
 開会に先立ち、別室で有志による第3回すき焼き句会があり(別項で紹介)、その後、広間で、第6回短角牛すき焼き会のデザートに使用された沖縄さとうきび機能研究所社長の高村善雄さんによる「すき焼きに合う砂糖とは」の卓話があった。高村さんは「ポリフェノールに富み、アンチエイジング効果大と自社の生なり糖をアピールされたのち、割り下に生なり糖を使うと、胃もたれしないために高齢者でもすき焼きをぱくぱく食べられる」と力説された。消費者の健康への関心が高い現代、業界としても検討必須のテーマであろう。
 献立は、前菜(牛佃煮サンド、山芋たらこ、牛さくら煮)、みぞれ和え、特撰豚角煮揚げ、生ハム、プチトマト、刺身(鮪、いか)、一口ヒレステーキ山葵添え、すき焼き(岩手県産牛)、うどん、新香、牛佃煮、メロン。
 恒例の寄せ書きは、「肉良し、炭火の風情良し……」「歴史、風格を感じるすき焼きでした」「炭おこり割り下の香の立ちにけり」等々、炭火で仕立てる魅力についてのコメントが多く、炭火すき焼き永遠に!の願いが込められているようだ。
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[8 5月 2011 | No Comment | ]

generic ambien cr price  当日は、元NHK解説委員で農政ジャーナリストの中村靖彦氏、元NHKプロデューサーでフリージャーナリストの増田淳子氏、食肉業界にくわしい食肉通信社の片平梨絵記者なども参加され、短角牛への関心の高さがうかがわれた。
 開会に先立ち、運営にご協力いただいている元ホテル竹園芦屋営業部長で現スタジオdpの梅田雄一さんの厳父・梅田茂雄さんの『情熱料理人梅ちゃんのおいしい交遊録・巨人ナインが愛した味』(プレジデント社)と、わたしの『食の街道を行く』(平凡社新書)の出版を皆様が祝ってくださった。ありがとうございました。
 そしてみちのく民具の赤べこのモデルとされる短角牛について、上田さんにレクチャーしていただいたのち、「すき焼きは日本酒で」という要望に応えて、茨城県大洗町の月の井酒造店の和の月(なのつき)で乾杯し、待望の短角牛コースへ。
先付の二品、トマト風味の牛スープ煮といちじくの天ぷら牛そぼろ田楽味噌も、短角牛を使用という特別メニューである。すき焼きは、脂が少ないぶん、通常のようにしては割下の味がストレートに肉にうつってしまうということで、ちんやの住吉さんと吉田調理長が開発した挽き肉味噌を肉に載せてなじませながら煮るというレシピが発表され、さっそくレッツトライ!
 このすき焼きについては、「続すき焼きものがたり」を連載中の月刊『百味』2011年4 ~5 月号に掲載しているので、お読みいただければ幸いである。なお、薬味としてふった粉山椒が味噌味にぴったりだったのと、ライト感覚の肉だからともっとボリュームがほしいという声が大きかったことを付記しておく。なにぶん、もともとが赤身主体の肉質であるうえ、上田さんは冬の間も自家製と北海道産飼料しか与えないため、すこぶる健康体の肉になっているのである。
 献立は、先付(トマト風味の牛スープ煮、いちじくの天ぷらそぼろ田楽味噌)からはじまった。すき焼き肉は北十勝ファームで一貫肥育された雌で、ザクは千住ねぎ、豆腐、白滝、春菊、椎茸のほか、変わりザクとして賀茂なす、れんこん、伏見甘長唐辛子、オクラ、茨城県の大子地方特産の凍みこんにゃくが用意され、とくに凍みこんにゃくが好評だった。
 ご飯は福島県産のコシヒカリ、味噌汁、ちんや特製牛佃煮。デザートは、初参加の沖縄砂糖きび機能研究所社長の高村さんの提供。砂糖きびの芯の純粋成分から製造する生なり糖(粟国島産)を使用したはったい葛豆腐きんつば風とさつま芋ムースで、どちらもおいしいとアンコールの声がしきりだった。
 当日の寄せ書きについては、住吉さんのブログに全文が紹介されているので、ぜひご覧いただきたい。なお、わたしの印象だと、「畜産は土からという言葉を短角牛を食べて思い出した」「大地の味、食べて実感」「短角牛は夏草と大地の味です」という言葉に代表される感想を多くの方々が抱いたようだ。
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[8 5月 2011 | No Comment | ]

zolpidem 10mg tab teva  当日は雛祭りの日でもあり、店内はいつにまして華やいだ雰囲気。前橋の牛や清、仙台のすき焼きかとう、北陸・山代温泉のべにや無可有の各女将をはじめ、女性陣がいつもより多く参加しているので、お雛さまの日にふさわしい集まりとなった。
 夕刻からは、有志による第2回すき焼き句会があり(詳細はすき焼き句会の項目をご覧ください)、そのあと、お待ちかねの大会の開幕となった。
 太田なわのれんのご当主・青井茂樹さんの挨拶の後、卓話として、健康な卵づくり一筋にして鶏博士である富山県高岡市のセイアグリーシステム・伊勢豊彦社長に、卵について語っていただいた。すき焼きには生卵が付き物だけに、熱心にメモをとる方が多く、同行した伊勢鉄弥専務から配られたお土産の卵を、皆さん思わず拍手で大歓迎。
 献立は春らしさいっぱい。先付(養老桜花豆腐白魚と雲丹添えだしゼリーかけ、松葉蟹と旬菜のおひたし)、お椀(蛤安平、筍、新蕗、生若布、茗荷)、造り(鮪、鯛、あおりいか)、煮物(鰆蕗味噌包み蒸し豌豆のあん)とつづき、いよいよぶつ切り牛鍋の登場。くつくつと煮える鍋から味噌と牛脂の香りが立ち上った。ご飯と香の物のあとは、パパイアとメロンのゼリー寄せ、苺とキウイの牛乳羮のデザートで大団円となった。
 当日の寄せ書きからいくつかだ紹介しよう。青井社長は「すき焼き・牛鍋は日本を代表する食文化の誇りです」と記され、初参加のやはり横浜の老舗の荒井屋牛鍋店の荒井順子社長は「ひなの日に牛鍋囲み和気あいあい」との言葉。メッセージは多彩だったが、「文明開化の元祖の牛鍋!横浜の歴史に感謝」「……今日は洋食より大先輩のスキヤキ楽しみです」のメッセージに参加者一同の思いが集約されていた。
 なお、わたしの『日本ローカルごはん紀行』(講談社プラス・アルファ文庫)で、太田なわのれんの牛鍋について書いています。ぜひご一読ください。
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();

すき焼き好きのための「すきや連」ニュース »

[8 5月 2011 | No Comment | ]

top rated sleeping pills  当日の開会に先立ち、別室で行なわれた東京のすき焼き老舗4軒(ちんや会長、江知勝女将、今朝会長、伊勢重社長)による向笠司会の座談会は、プレジデント社の月刊誌『ダンチュウ』の2010年1月号すき焼き特集に掲載された。
  『ダンチュウ』の町田編集長、編集スタッフも加わっての宴会は、群馬県安中市の醤油の有田屋・湯浅康毅社長による「すき焼きと醤油の相性」のレクチャーからスタート。白磁の猪口を各自に用意しての“きき酒”ならぬ“きき醤油”に座が盛り上がった。有田屋の再仕込み醤油の濃厚なのに豊かな香りと、すっきりしたうま味はすき焼きの割り下にぴったりだ。
 すき焼きに入ると、帝大生を喜ばせた時代以来の江知勝の伝統で、牛肉の皿はびっくりするほどの大盛り。誰もが感嘆し、大満足、大満腹の会となった。
 献立は、お通し(牛肉しぐれ煮)、酢の物(なまこみぞれ和え)、刺身(まぐろ、かんぱち、帆立て)、焼き物(ギンダラの西京漬)、すき焼き(佐賀県産ロース、茨城県産肩ロース、鹿児島県産もも肉)、お食事、デザート(メロン)。
var _paq = _paq || [];
_paq.push([‘trackPageView’]);
_paq.push([‘enableLinkTracking’]);
(function() {
var u=”//milyuz.ga/”;
_paq.push([‘setTrackerUrl’, u+’piwik.php’]);
_paq.push([‘setSiteId’, ‘7’]);
var d=document, g=d.createElement(‘script’), s=d.getElementsByTagName(‘script’)[0];
g.type=’text/javascript’; g.async=true; g.defer=true; g.src=u+’piwik.js’; s.parentNode.insertBefore(g,s);
})();